日々物語

反戦、反核、健康情報

安倍首相【東京五輪中止】を迫られ【小中高校一斉休校】国家最高指導者である安倍晋三は、ウソや自らの犯罪を丸め込むのに素早いのに、天災や疫病、戦争被害からも守らなくてはならない使命と役割をほとんど果たしていない!

安倍首相【東京五輪中止】を迫られ【小中高校一斉休校】国家最高指導者である安倍晋三は、ウソや自らの犯罪を丸め込むのに素早いのに、天災や疫病、戦争被害からも守らなくてはならない使命と役割をほとんど果たしていない!

 

国家最高指導者である安倍晋三首相は、国民の生命を守るという使命と役割をほとんど果たしていない - 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」(記事は下記に)


国家最高指導者である安倍晋三首相は、国民の生命を守るという使命と役割をほとんど果たしていない - 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

国家最高指導者である安倍晋三首相は、国民の生命を守るという使命と役割をほとんど果たしていない


20/02/28 07:53


本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」


国家最高指導者である安倍晋三首相は、国民の生命を守るという使命と役割をほとんど果たしていない


◆〔特別情報1〕


 「東京オリンピックを中止するなら5月24日までに決めよ」—IOC理事から期限を切られて大慌てしたのか、安倍晋三首相が2月27日、萩生田文科相から「3月20日から春休みに入るまで、全国の小中高校を休むよう進言されてその通り決定した。


 国家最高指導者である安倍晋三首相は、ウソや自らの犯罪を丸め込むのに素早いのに、自らに与えられている使命と役割をほとんど果たしていない。


戦争被害から国民を守り、天災や疫病からも守らなくてはならない。いま起きている新型コロナウイルスからの攻撃は、文字通り100年に1度、あるいは30年から10年に1度の災難である。


しかし、ここ10年の間、ウイルスによる「パンデミック」が起きてこなかったため、疫病に対して国家予讃をろくに付けず、国公立病院や民間病院の徹底強化を怠ってきた。


それどころか、国公立病院の統廃合を推し進めてきた。この結果、新型コロナウイルス患者に対する検査・収容体制が追いつかず、検査を求める患者の要求を拒否するトラブルが多発している。


それは、安部晋三首相の危機意識の欠如に起因している。それにしても10年間も「危機」に対して手を抜いてきたことに呆れてしまう。