日々物語

反戦、反核、健康情報

新型コロナウイルスで重症化、死亡しやすい人【4種類以上の薬】を服用している人、持病のある高齢者!薬の副作用での死亡者【年間10 万人】薬剤師の本音・宇多川久美子著!食事・運動で【免疫力】を高めて!薬を使わない薬剤師!1剤が基本の米国は 【副作用】で死ぬ人年10万人!日本は4剤~7剤【近藤誠医師】インフルエンザは解熱剤、タミフルなどの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば【1~2日でよくなる】新型ウイルスで悪化したら日本には【特効薬アビガン】がある!

新型コロナウイルスで重症化、死亡しやすい人【4種類以上の薬】を服用している人、持病のある高齢者!薬の副作用での死亡者【年間10 万人】薬剤師の本音・宇多川久美子著!食事・運動で【免疫力】を高めて!薬を使わない薬剤師!1剤が基本の米国は 【副作用】で死ぬ人年10万人!日本は4剤~7剤【近藤誠医師】インフルエンザは解熱剤、タミフルなどの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば【1~2日でよくなる】新型ウイルスで悪化したら日本には【特効薬アビガン】がある!

重症化したら特効薬【アビガン】

【薬を使わない】薬剤師で有名な宇多川 久美子氏は、インフルエンザにかかり高熱は出た時に、安静にしていて数日で治した。と 著書【薬剤師の本音】で述べられています。薬の副作用の年間10万人も、この本に記されています。薬もサプリメントも同じ化学薬品など…


【薬剤師の本音】宇多川 久美子著

…私はこれまで、薬の役割と薬を飲み続けることのリスクについて、講演会や著書で何度もお伝えしてきました。 ただ、ひとつ抜け落ちていたと思うのは、薬をどの世代よりも利用する高齢の方々へ向けた警鐘です。 厚生労働省の調査によれば、75歳以上の約25パーセントが7種類以上、40パーセントが5種類以上の薬を処方されているといいます。 「1錠」でも副作用などのリスクがある薬です。何種類も飲む(多剤服用)ことによ ...

インフルエンザは解熱剤などの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば、1~2日でよくなる!近藤誠医師!ネット→同じ仲間の【新型コロナウイルス】にかかっても安静にしていれば治る!?のではないか【新型コロナウイルス】パニック作戦に混乱するな!がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である!発熱はウイルスを殺すために白血球が一生懸命闘っているから出る!それなのに熱を下げるのは、白血球の力を弱めているわけで、熱が下がっている間にウイルスが増殖するため、結果的に症状が長引くだけです。勇気がいるかもしれないけど、意識の転換をしてクスリの呪縛を断ち切るべきです。「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠)


新形コロナウイルス【治療薬】日本では開発済【アビガン】富山化学!200万人分備蓄【多摩境内科クリニック福富院長】病院・医院は予め…富山化学工業と契約しておいた方がいい!厚生労働省に申請して、その病院でアビガンを治療薬に使うことができる!- みんなが知るべき情報/今日の物語


卵で新型コロナウイルスに勝つ!免疫力アップの簡単安価のスーパーフード!72歳【タマゴ中心の食事】でインフルエンザ、風邪に罹らず!毎日3個以上を!コロナもインフルも風邪もウイルス!生卵は最上級の栄養ドリンク!癌、糖尿病、認知症、生活習慣病にも効果! 整筋整体職人


"【動画】薬を使わない薬剤師 宇多川 久美子の講演 Patch_TV" を YouTube で見る


https://m.youtube.com/playlist?list=PLWjOsb6xkDl97NykReJohC7x0AqtYvwpT宇田川久美子 - YouTube


薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】


2020/2/12


 健康, 宇多川久美子のお薬講座


 薬を使わない薬剤師, 宇多川久美子


悪夢の耐性菌“スーパーバグ”の誕生


【抗菌薬の使用を減らすこと】


かぜ、インフルエンザのウイルスも同じです。なぜ古今東西、かぜがなくならないのかといえば、毎年100ほどもあると言われるかぜウイルスが微妙に変異しているからです。インフルエンザも毎年、少しずつ変異しています。「タミフル」「リレンザ」の耐性ウイルスが登場し、2018年に発売された新薬の「ゾフルーザ」にもすでに耐性ウイルスが発見されています。


昔から生き物は細菌と共存してきました。善玉菌と呼ばれる菌もたくさんありますし、悪玉菌と呼ばれる菌にも人体に有用な働きをしてくれることもあります。抗菌薬(抗生剤)はそうした区別なく殺菌するものです。今、私たちにできるスーパーバグ対策は、ウイルス感染のかぜに抗菌薬を服用するなど、必要でない時は抗菌薬を使わない。そして、細菌が侵入してきてもそれを自ら撃退できる免疫力を付けておくということでしょう。


~中略~


「スーパーバグ」をご存知ですか? コンピューターウイルスやアプリの不具合ではありません。

どんな抗菌薬も効かない「超細菌」のことです。2018年にオーストラリアのドハティ感染免疫研究所の研究者が発見し、イギリスの科学誌「ネイチャー・マイクロバイオロジー」に発表しています。それによると世界10か国、78の研究所から受け取った黄色ブドウ球菌の数百の分離株の中から3種類の、どんな抗菌薬も効かない細菌が発見されたということです。


抗菌薬が効かない耐性菌については前回もお話しましたが、この問題は世界的に大きな問題として認識されています。国立感染症研究所の調査によると、既存の抗菌薬が効かない耐性菌は2017年には13例、2018年には42例に増加。海外で発生したとされる強力な耐性をもつ大腸菌などの腸内細菌が、日本国内でも増えつつあるということです。


細菌と抗菌薬のいたちごっこに勝ち目なし


耐性菌のおそろしさは言うまでもなく、効く薬がないことです。


国立国際医療研究センター病院と国立感染症研究所の共同研究によると、日本では耐性菌による推定死亡者数が年間8000人以上(ここでカウントされているのは細菌が血流に入った菌血症のみ)にもなるそうです。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による死亡が約4000人、フルオロキノロンという抗菌薬が効かない大腸菌による死亡が約4000人です。


少し専門的になりますが、以前から医療界で問題として取りざたされている耐性菌メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)についてご説明しておきます。


黄色ブドウ球菌は健康な人でも持っている常在菌のひとつです。健康な人が感染していても症状は出ませんが、高齢者や入院中の体力が低下している人が感染すると悪さをすることがあります。肺に入れば肺炎を、血流に入れば菌血症を起こし、死に至ることもあります。この黄色ブドウ球菌によく効いたのがペニシリンです。1920年代に製品化されたペニシリンは「奇跡の薬」と呼ばれました。初期には劇的に効果があったのですが、やがて耐性菌が現れました。次に開発されたのがメチシリンという抗菌薬です。そしてやがてメチシリンの耐性菌が現れます。これがメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)です。


このように抗菌薬と細菌は、いたちごっこの関係です。耐性菌が生まれるたびに、製薬会社は新しい抗菌薬の開発を始めます。開発には膨大な研究と莫大なお金がかかり、製品化に至るまでに何年も、ものによっては10年以上もかかります。


一方、細菌はごく単純な生き物です。形を変えるのも簡単ですから、耐性菌になるべく変異するのも簡単です。製薬会社が何年もかけて抗菌薬を開発しようとも、耐性菌が生まれるのはいわば時間の問題なのです。今は、コストがかかりすぎる抗菌薬の開発に製薬会社のほうも息切れしているのが現状です。


抗菌薬の使用を減らすこと


かぜ、インフルエンザのウイルスも同じです。なぜ古今東西、かぜがなくならないのかといえば、毎年100ほどもあると言われるかぜウイルスが微妙に変異しているからです。インフルエンザも毎年、少しずつ変異しています。「タミフル」「リレンザ」の耐性ウイルスが登場し、2018年に発売された新薬の「ゾフルーザ」にもすでに耐性ウイルスが発見されています。


昔から生き物は細菌と共存してきました。善玉菌と呼ばれる菌もたくさんありますし、悪玉菌と呼ばれる菌にも人体に有用な働きをしてくれることもあります。抗菌薬(抗生剤)はそうした区別なく殺菌するものです。今、私たちにできるスーパーバグ対策は、ウイルス感染のかぜに抗菌薬を服用するなど、必要でない時は抗菌薬を使わない。そして、細菌が侵入してきてもそれを自ら撃退できる免疫力を付けておくということでしょう。


宇多川久美子(うだがわ・くみこ)


薬剤師、栄養学博士。一般社団法人国際感食協会理事長。健康オンラインサロン「豆の木クラブ」主宰。薬剤師として医療現場に立つ中で、薬の処方や飲み方に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」をめざす。薬漬けだった自らも健康を取り戻した。現在は、栄養学や運動生理学の知識も生かし、感じて食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に薬に頼らない健康法をイベントや講座で多くの人に伝えている。近著に『薬は減らせる!』(青春出版社)。


構成・文/佐藤恵菜


宇多川久美子に関する記事一覧


宇多川久美子 (@kanshokukumika)さんをチェックしよう

宇多川久美子 (@kanshokukumika)さんをチェックしようhttps://twitter.com/kanshokukumika?s=09


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

濃厚接触でなくても【感染拡散】する新型ウイルス(流行性感冒)免疫力を高めて今まで通りに生活しよう!最強の食材がある【空気感染】自分で自分を隔離しますか!世界中に【拡散必至】インフルエンザのように!特効薬も日本にある【アビガン】熱が出たら2日3日寝れば治る、重症者には【アビガン】がある! みんなが知るべき情報/今日の物語


東京五輪開催に暗雲!重大記事二つ【新型コロナウイルス】1年ほど続く恐れ【米国疾病対策センター所長】世界の全人口の60%が感染のおそれ【香港大学医学部教授】拡大が止められない場合!無責任な安倍首相、森喜朗会長は影響ない!3月初旬に東京マラソンを開催すると言うのは本当だろうか!- みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、腎臓病・胃潰瘍・便秘・痛風など、あらゆる病気を治す効果がある?コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、又は薬のように口に含み水でそれを飲むだけ!重曹=炭酸水素ナトリウム

- みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術


整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/