日々物語

反戦、反核、健康情報

原因は【安倍政権】新型コロナウイルス対策混乱!政権が【国立感染症研究所】の人員・予算削減で疲弊【感染症対策が弱体化】人手も足りず!国民を危険に晒している!昨年4月、田村議員が今の新型コロナウイルス騒動を予見するような質問をしていた!

原因は【安倍政権】新型コロナウイルス対策混乱!政権が【国立感染症研究所】の人員・予算削減で疲弊【感染症対策が弱体化】人手も足りず!国民を危険に晒している!昨年4月、田村議員が今の新型コロナウイルス騒動を予見するような質問をしていた!

昨年4月、タムトモ議員が今の新型コロナウイルス騒動を予見するような質問をしていた 〜 日本の感染症予防を担う国立感染症研究所が人員・予算削減で疲弊 - シャンティ・フーラの時事ブログ(記事は下記に)

公務員削減告発 感染症対策が弱体化 - YouTube


昨年4月、タムトモ議員が今の新型コロナウイルス騒動を予見するような質問をしていた 〜 日本の感染症予防を担う国立感染症研究所が人員・予算削減で疲弊 - シャンティ・フーラの時事ブログ

昨年4月、タムトモ議員が今の新型コロナウイルス騒動を予見するような質問をしていた 〜 日本の感染症予防を担う国立感染症研究所が人員・予算削減で疲弊


シャンティ・フーラの時事ブログ


2020/02/10 ~中略~


現在、新型コロナウイルスに対する日本政府の対応に不信感が募っていますが、この混乱の原因が他でも無い安倍政権であることを明らかにする、ゾッとするものでした。


 昨年4月、参院内閣委員会で田村議員は「国立感染症研究所の人員削減」を取り上げています。


そもそも国立感染症研究所とは「我が国の感染症研究や危機管理を行なっており、実際に感染症が発生した場合は実動部隊としても行動します。パンデミックが起きた場合、職員や研究者は国家公務員として危機対応にあたり、事実上国の安全保障の一翼を担って」います。


〜中略〜


 国立感染症研究所では、新たな感染症が流行するなど業務量は激増しているにもかかわらず、人手が足りず職員が多くの担当を掛け持ちせざるを得ない状況に追い込まれているそうです。


その結果、研究時間が十分取れず、若手研究者は去り、希少分野の専門家が消滅する危機に直面していました。


しかも減らされたのは人員だけでなく、予算も10年前の水準の3分の1、20億円も減少しているそうです。ひどい。


 田村議員はこの時の質問で「感染症対策はまさに安全保障。安倍政権はインバウンドをしきりと進め、外国人労働者の新たな受け入れにも積極的だが、日本で発生したことのない未知の感染症が持ち込まれるリスクは無視できない」と指摘しています。「業務の合理化」のせいで現場がどうなっているのか、是非とも現場を知ってほしい、定員削減の対象外にすべきと強く求めていました。


 まさしく今を予見したような危機感ある質問ですが、もしも、もしもこの時、この訴えが通っていたなら、、、と思わざるを得ません。

 

この時のタムトモ議員の質問で、定員が「たった1人」増えたそうです。そのたった1人でも、現場からは喜びの声が上がったと、、、。

どれだけ過酷な業務を強いているのか、そしてどれだけ国民を危険に晒しているのか。


(まのじ)

——————————

去年4月に田村智子議員が質問した、国立感染症研究所の人員削減についての質問がまさに今を言い当てていて、本当にこういう警告をことごとく無視してきたんだなあと

フル:https://t.co/L5DIzHRv9z pic.twitter.com/HwuG0CLuQo


— emil (@emil418) February 8, 2020


新型コロナウイルスに対処する国立感染症研究所の研究者によると「研究者数は2013年の312人から今は294人に減らされ、そのうち任期付が44人で毎年の定員削減のため常勤になれるのは3割程度。ほかに無給の大学院生もいる」とのこと。これがパンデミックに対処する研究所の実態(↓国公労連作成のビラ) pic.twitter.com/U0JBWnovem


— 井上伸@雑誌KOKKO (@inoueshin0) February 6, 2020


新型コロナウィルスを口実に改憲(緊急事態条項導入)を言う政治家がいるがこじつけも甚だしい


感染症対策を言うなら、何故国立感染症研究所の予算・人員を削減するのか?世界中から5000万人の観光客が来る京都でも感染症対策の拠点となる保健所は統廃合でたった一ヶ所に。https://t.co/HHmyejEf3u


— 福山和人 (@kaz_fukuyama) February 9, 2020


警鐘を鳴らし続けた #李文亮 医師の逝去を悼み感謝を捧げたい。民主主義が封殺された国家には、人権も安全もない。

 安倍政権も似ていないか?指定感染症でなく新感染症とするべきだとどれだけ警鐘を鳴らしても馬耳東風。安倍信者が後出しジャンケンするなとか、黙っておけと言う。#負けない https://t.co/IouLX8wCjo


— 原口 一博 (@kharaguchi) February 7, 2020


今朝のNHKの日曜討論で加藤厚労相が、コロナウイルスは空気感染しないと言っていたが、では何故中国は次々と県を閉鎖しているのか?何故全世界がマスク、マスクと言っているのか?これくらいの知識しかない加藤厚労大臣。話を聞いていても全くの素人。緊張感も何もない。安倍さんは人選を間違えてる。


— みちよ (@kabumichi) February 9, 2020


昨年の質問がこんなに拡散されていたとは!ありがとうこざいます。

国立感染研究所の人員と予算の不足、この質問で定員は1人だけ増えた、たった1人でも、現場からは喜びの声が上がったとのこと。それだけ大変な実態がある、今度こそ転換させたい。https://t.co/t9LGOrC3t7


— 田村智子 (@tamutomojcp) February 9, 2020


公務員削減告発 感染症対策が弱体化 - YouTube


詳細はコチラ↓

昨年4月、タムトモ議員が今の新型コロナウイルス騒動を予見するような質問をしていた 〜 日本の感染症予防を担う国立感染症研究所が人員・予算削減で疲弊 - シャンティ・フーラの時事ブログ


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

新型コロナウイルス【季節性インフルに進化の可能性!悪魔の【猛毒ワクチン】をインフルと2種類を打てになる!脳を破壊=白痴化、自閉症、発癌性、不妊症【人口削除テロ】免疫力を高めて防御!新型ウイルスのワクチンは既に出来ている情報もある!卵・肉などで免疫力アップを!- みんなが知るべき情報/今日の物語


米国でインフルエンザ猛威【死者1万2 千人】過去最悪の【6万人超】を超える予測!米国関連の入国規制が必要な状況ではないか、安倍政権はどうする!新型コロナウイルスより危険ではないか!拡散必至、卵・肉などで免疫力を高めて防御!この猛威インフルは変異しているのだろうから!日本の過去の最大死亡者は3 万人超!- みんなが知るべき情報/今日の物語


救世主【新型コロナウイルス】白木教授【アビガン】が効く、使うべき【アビガン】開発に富山化学とともに携わった富山大学の白木教授!僕がもし重症の肺炎になったら自分で開発したアビガンを使いたい!安倍には注意 - みんなが知るべき情報/今日の物語


卵で新型コロナウイルスに勝つ!免疫力アップの簡単安価のスーパーフード!72歳【タマゴ中心の食事】でインフルエンザ、風邪に罹らず!毎日3個以上を!コロナもインフルも風邪もウイルス!生卵は最上級の栄養ドリンク!癌、糖尿病、認知症、生活習慣病にも効果! 整筋整体職人



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術


整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/